FC2ブログ

monotoneブログ

Jeff Beck,Stanley Clarke ジェフ・ベック/Tokyo,Japan 12.1.1978 Upgrade


Jeff Beck,Stanley Clarke ジェフ・ベック/Tokyo,Japan 12.1.1978 Upgrade
伝説のスタンリー・クラークとの1978年ジャパン・ツアーから、12月1日日本武道館でのライブを、近年新たに公開された初発掘オーディエンス・マスターより、90分にわたり収録。まず過去より各種の音源が流通してきた同日のライブ音源ながら、今回まったくの別録音のテープが発掘され、しかもこれまでこの武道館2日目と言えばかなりキビシイ録音が多かった中で、この新マスターはクリアーかつ細やかなトーンまでに聴き取れる絶品クオリティーで、そのオリジナル・カセットからダイレクトにデジタル化。ただし開演から「Darkness/Earth In Search Of A Sun」の全部、そして「Star Cycle」の前半までと、計5分ほどが録音されていないためコンプリートではないものの、別音源で補完してフル収録とすることに。 そしてこの時期のライブの素晴らしさはファンなら周知の通りで、来日直前にメンバー交代があり、わずか3日間のリハーサルだけで来日となったものの、公演を重ねれば重ねるほどアンサンブルは進化していき、この日本武道館でも最後の2日間がベストと呼ばれており、序盤からジェフは快調に飛ばし、「Freeway Jam」のスライドも見事ならリフで始まり、後半弾きまくる「Cat Moves」もシャープ。またスタンリー・クラークの半端なカウントで始まる「Rock 'n' Roll Jelly」は終盤ミスりつつ、彼の見せ場の「School Days」で凄まじいフレーズを披露。とにかくベックの数ある来日公演でもベストの呼び声の高き1978年ツアーはすべて必聴。 Disc 1 : 1. Intro. 2. Darkness/Earth In Search Of A Sun 3. Star Cycle 4. Freeway Jam 5. Goodbye Pork Pie Hat 6. Cat Moves 7. Bass Solo/School Days 8. Journey To Love 9. Lopsy Lu 10. Diamond Dust Disc 2 : 1. Scatterbrain 2. Drum Solo/Scatterbrain(reprise) 3. Rock 'n' Roll Jelly 4. Cause We've Ended As Lovers 5. Blue Wind 6. Superstition [Live at Budokan, Tokyo, Japan 1st December 1978] Jeff Beck - Guitar / Stanley Clarke - Bass / Tony Hymas - Keyboards / Simon Phillips – Drums
スポンサーサイト
  1. 2018/08/14(火) 01:09:59|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

New Tonny Williams Lifetime,Alan Holdsworth トニー・ウィリアムス アラン・ホールドワース/IA,USA 1976


New Tonny Williams Lifetime,Alan Holdsworth トニー・ウィリアムス アラン・ホールドワース/IA,USA 1976
1976年USツアーより3月3日、アイオワ・シティにおけるライブをマスター・クオリティー、サウンドボードにてノーカット収録。過去一部カットのあった部分も収めており、全て放送用ライン音源にデジタル・リマスタリングを施し最強メンバーによる最高の演奏をここに再現。内容はホールズワース加入後の『Belive It』をメインに、リリースしたばかりの『Million Dollar Legs』収録の楽曲、さらに何と同時期にレコーディングされていたホールズワースのファースト・ソロ『Velvet Darkness』からのナンバーからもセレクト。マーシャル系のファズ・トーン・サウンドや、ヘヴィなパワーコードを多用するブリティシュロック的スタイルまで、おそらく弾きまくり度は過去No.1と云える、この時期ならではのギタープレイが随所に。また後にホールズワースの良きパートナーとなるA・パスカのファンキーなアプローチもこの時期を象徴。また「Inspiration Of Love」中間部の掛け合いの妙、そして”Velvet Darkness”に至ってはまだ未完成でありながらも、このメンバーならではの展開を披露。そして当時はまだ未開分野であったファンク・ジャズ・ロックを融合したトニーの音楽的方向性をしっかりライブで表現している歴史的瞬間がここに! disc 1 : 01. Mr. Spock 02. Proto-Cosmos 03. Bloodshot 04. Snake Oil 05. Wildlife 06. Drums Solo/ Fred disc 2 / 01. Red Alert 02. What You Do To Me 03. Velvet Darkness 04. Snake Oil 05. Inspirations Of Love [Live at Gabe & Walkers, Iowa City, Iowa, USA, March 3rd 1976: SBD] Tony Williams :Drums / Allan Holdsworth :Guitars / Alan Pasqua :Keyboards / Tony Newton :Bass
  1. 2018/08/14(火) 01:09:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Miles Davis,Lester Young Bud Powell マイルス・デイビス/Germany 1956


Miles Davis,Lester Young Bud Powell マイルス・デイビス/Germany 1956
マイルス・デイビスが'56年に行った初のヨーロッパ・ツアーより、レスター・ヤング、バド・パウエル&ルネ・ユルトルジェ・トリオとの11月7日、ドイツ・ハンブルグ公演の模様を近年発掘の完全初登場による高音質サウンドボード音源にて収録。'57年リリースのサントラ「死刑台のエレベーター」でお馴染みのルネ・ユルトルジェ・トリオをバックに、マイルスによる「Turn Up」「Four」「Yesterdays」「Walkin'」の4曲、そしてレスター・ヤングとの歴史的共演「Oh! Lady Be Good 」を演奏。バド・パウエルのピアノ・ソロ「 Autumn In New York 」「 I Want To Be Happy 」の2曲に続き、ラスト3曲はレスター・ヤングによるパフォーマンスで締めくくり。Fresh SoundからリリースのMJQが参加している「EUROPEAN TOUR '56」収録前の歴史的な発掘音源となる11月7日に行ったハンブルグ公演の模様を高音質サウンドで存分にお楽しみ頂けます。 Live at Festhalle, Planten & Blomen, Hamburg, Germany, November 7th 1956 1. El Sino (03:23) 2. Tune Up (02:58) 3. Four (03:38) 4. Yesterdays (04:01) 5. Walkin' (02:45) 6. Three Little Words (05:25) 7. Oh! Lady Be Good (06:15) 8. Autumn In New York (02:31) 9. I Want To Be Happy (02:42) 10. Jumpin' With Symphony Sid (02:04) 11. Polka Dots And Moonbeams (03:52) 12. Lester Leaps In (fade out) (00:54) Miles Davis - trumpet (track 2,3,4,5,7) Lester Young - tenor saxophone (track 6,7,10,11,12) Bud Powell - piano (track 8, 9) Ren Urtreger - piano Pierre Michelot - bass Christian Garros – drums
  1. 2018/08/14(火) 01:08:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Iron Maiden アイアン・メイデン/UK Tour 1984-1990


Iron Maiden アイアン・メイデン/UK Tour 1984-1990
マニアから好評の「DEFINITIVE YEARS」の第5弾!シリーズ最強の第1&2弾同様、トレーダー間でも出回っていないCrazy S.の録音による秘蔵のマスター・カセットより3公演分をパッケージ。今回は、1984年「Powerslave」(World Slavery Tour)、1986年「Somewhere In Time」(Somewhere On Tour)、1990年「No Prayer For Dying」(No Prayer On The Road)より選りすぐりの未発表音源を集結。84年9月21日オックスフォード公演、86年10月20日ノッティンガム公演、90年10月11日ダービー公演を、全てCrazy S.の録音による秘蔵のスター・カセットより極上オーディエンス録音で完全収録しており、前述の通り、その全てが大変貴重なテイク。84年公演は臨場感豊かなサウンドながらその楽音はしっかりと捉えられており、安定感抜群のサウンドにて。「Crazy S.録音の86年音源に外れなし」は本作も然りで、このノッティンガム公演も驚異的なサウンドで収録。90年ツアー音源のダービー公演はオープニングのTailgunnerの途中でマイクの接触トラブルがあるものの、それ以降はライン録音に迫る最高音質で収録。スティーブのベースが割れる寸前にオンに入っているのが逆に迫力満点で、クリアーでダイレクト感溢れるサウンドで、ヤニック加入後初のツアーの全貌をここに。90年ツアーでしか演奏されなかった曲も多く、聴き所満載。3公演とも驚くほどハイ・グレードなサウンドで初心者からマニアまで必聴! (Live at Apollo Theatre, Oxford, UK 21st September 1984) Disc 1/1. Churchill's Speech 2. Aces High 3. 2 Minutes To Midnight 4. The Trooper 5. Revelations 6. Phantom Of The Opera 7. Flight Of Icarus 8. Rime Of The Ancient Mariner 9. Losfer Words 10. Powerslave 11. Guitar Solo 12. The Number Of The Beast Disc 2/1. Hallowed Be Thy Name 2. 22 Acacia Avenue 3. Iron Maiden 4. Run To The Hills 5. Running Free 6. Sanctuary Bruce Dickinson - Vocal Steve Harris - Bass Dave Murray - Guitar Adrian Smith - Guitar Nicko McBrain - Drums (Live at Royal Centre, Nottingham, UK 20th October 1986) Disc 3/1. Theme From "Blade Runner" 2. Caught Somewhere In Time 3. 2 Minutes To Midnight 4. Sea Of Madness 5. Children Of The Damned 6. Stranger In A Strange Land 7. Wasted Years 8. Rime Of The Ancient Mariner 9. Guitar Solo 10. Where Eagles Dare 11. Heaven Can Wait Disc 4/1. Phantom Of The Opera 2. Hallowed Be Thy Name 3. Iron Maiden 4. The Number Of The Beast 5. Run To The Hills 6. Running Free 7. Sanctuary Bruce Dickinson - Vocal Steve Harris - Bass Dave Murray - Guitar Adrian Smith - Guitar Nicko McBrain - Drums (Live at Assembly Rooms, Derby, UK 11th October 1990) Disc 5/1. Theme From "633 Squadron" 2. Tailgunner 3. Public Enema Number One 4. Wrathchild 5. Die With Your Boots On 6. Hallowed Be Thy Name 7. 22 Acacia Avenue 8. Holy Smoke 9. The Assassin 10. No Prayer For The Dying 11. Hooks In You 12. The Clairvoyant Disc 6/1. 2 Minutes To Midnight 2. The Trooper 3. Heaven Can Wait 4. Iron Maiden 5. Number Of The Beast 6. Bring Your Daughter...To The Slaughter 7. Run To The Hills 8. Sanctuary Bruce Dickinson - Vocal Steve Harris - Bass Dave Murray - Guitar Janick Gers – Guitar Nicko McBrain – Drums
  1. 2018/08/14(火) 01:06:57|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Simon & Garfunkel サイモン・アンド・ガーファンクル/NJ,USA 2003 2 Days Complete


Simon & Garfunkel サイモン・アンド・ガーファンクル/NJ,USA 2003 2 Days Complete
2003年の再結成ツアーとなる「OLD FRIENDS」リユニオン・USツアーより、12月7&8日の2日連続公演となった、ニュー・ジャージーのコンチネンタル・エアライン・アリ-ナでのライブをいずれも当時としては良好なオーディエンス・マスターからコンプリート収録。 なお本公演の一部を収録したオフィシャル・ライブ盤もリリースされた中、本タイトルも分離感抜群の、最高レベルのオーディエンス録音によるもので、臨場感豊かなリアルなサウンドで全編を再現。そしてツアー・タイトルにもある「オールド・フレンズ」から始まり、途中で登場する彼らが敬愛するエヴァリー・ブラザーズは、「起きろよ、スージー」「ドリーム」「レット・イット・ビー・ミー」の3曲を披露し、さらに「バイ・バイ・ラブ」ではS&Gとの共演も実現し大きな話題に。さらにジム・ケルトナーをはじめとする卓越したバックメンバーのサポートプレイも素晴らしく、そのあたりも要チェック。 DISC 1 : 01. America (Intro)/02. Old Friends / Bookends/03. A Hazy Shade Of Winter/04. I Am A Rock/05. America/06. At The Zoo/07. Baby Driver/08. Kathy's Song/09. Tom&Jerry Story/10. Hey Schoolgirl/11. Introducing Every Brothers/12. Wake Up Little Susie (Everly Brothers)/ 13. All I Have To Do Is Dream (Everly Brothers)/14. Let it Be Me (Everly Brothers)/15. Bye Bye Love (with Everly Brothers)/16. Scarborough Fair/17. Homeward Bound/18. The Sound Of Silence DISC 2 : 01. The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)/02. Mrs. Robinson/03. Slip Sliding Away/04. El Condor Pasa/05. Keep The Customer Satisfied/06. The Only Living Boy In New York/07. American Tune/08. My Little Town/09. Bridge Over Troubled Water/10. Cecilia/11. The Boxer/ 12. Leaves That Are Green/13. The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy) [Live At Continental Airlines Arena, East Rutherford, NJ USA December 7th 2003] DISC 3 : 01. America (Intro)/02. Old Friends / Bookends/03. A Hazy Shade Of Winter/04. I Am A Rock/05. America/06. At The Zoo/07. Baby Driver/08. Kathy's Song/09. Tom&Jerry Story/10. Hey Schoolgirl/11. Introducing Every Brothers/12. Wake Up Little Susie (Everly Brothers)/ 13. All I Have To Do Is Dream (Everly Brothers)/14. Let it Be Me (Everly Brothers)/15. Bye Bye Love (with Everly Brothers)//16. Scarborough Fair/17. Homeward Bound/18. The Sound Of Silence DISC 4 : 01. The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)/02. Mrs. Robinson/03. Slip Sliding Away/04. El Condor Pasa/05. Keep The Customer Satisfied/06. The Only Living Boy In New York/07. American Tune/08. My Little Town/09. Bridge Over Troubled Water/10. Cecilia/11. The Boxer/ 12. Leaves That Are Green/13. The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy) [Live At Continental Airlines Arena, East Rutherford, NJ USA December 8th 2003]
  1. 2018/08/13(月) 01:50:28|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Kenny Barron,Benny Green ケニー・バロン ベニー・グリーン/Switerland 2018


Kenny Barron,Benny Green ケニー・バロン ベニー・グリーン/Switerland 2018
50年に渡りジャズ・シーンで数々の名プレイ、名セッションにその名を残すピアニスト、ケニー・バロンと'80年代に名門アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの一員として活躍し、現在のジャズ・シーンの中心ピアニスト、ベニー・グリーンとのデュオによる2018年4月20日、スイス・ベルンで開催のInternationales Jazz Festival 2018出演時のライブ・パフォーマンスを極上ステレオ・サウンドボード音源で完全収録。絶妙な二人によるスウィンギーなリズムでテクニックに溢れる演奏で、ケニー・バロン作の楽曲やガーシュウィンの「Love Walked In 」、セロニアス・モンクの「Well You Needn't 」等全8曲を披露。名手二人によるライブならではのパフォーマンスを極上サウンドで存分にお楽しみ頂けます。 Internationales Jazz Festival Live at Marian's Jazz Room, Bern, Switzerland, April 20th 2018 DISC 1 1. Voyage (07:53) 2. I've Never Been In Love Before (09:03) 3. Sunshower (15:45) 4. I Guess I'll Hang My Tears Out To Dry (08:39) 5. Witchcraft (07:31) DISC 2 1. Introduction (00:17) 2. Seascape (12:03) 3. Love Walked In (12:20) 4. Well You Needn't (14:49) Kenny Barron - piano Benny Green – piano
  1. 2018/08/13(月) 01:49:15|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Dire Straits ダイアー・ストレイツ/IL,USA 1979 & more


Dire Straits ダイアー・ストレイツ/IL,USA 1979 & more
1978年に「悲しきサルタン」で鮮烈なデビューを果たし、翌1979年には初の全米ツアーを敢行。その初期の貴重なライブ音源をコンパイルしたのが本タイトルで、まずdisc:1には10月7日シカゴ、アップタウン・シアター公演の模様を、現地FMオンエアー・マスターからのサウンドボード音源にて収録。放送用音源ゆえコンプリートではないものの、この時期にはすでにセカンド・アルバム『コミュニケ』もリリース後ということで、”Once Upon A Time In The West”、” Lady Writer”、そして”Where Do You Think You're Going?”や”News”の最初期ライブ・ヴァージョンがサウンドボードで聞けるところは要チェック。さらにdisc:2&3に同USツアーから、9月8日ボストンのオルフェウス・シアター公演を、こちらは当時としては良好なオーディエンス・マスターよりコンプリート収録。こちらは彼らの当時のパフォーマンスをフルでたっぷりと堪能できる内容で、もちろんだ『コミュニケ』からのナンバーも多数披露しており、そしてディランを彷彿とさせるマーク・ノップラーのボーカルと、独特のフィンガー・ピッキングを駆使したギター・プレイと、シンプルな演奏のマッチングは絶妙で、当時注目されたフレッシュな初期ライブの記録がここに。 DISC 1 : 01. Intro/02. Down To The Waterline/03. Six Blade Knife/04. Once Upon A Time In The West/05. Lady Writer/06. Where Do You Think You're Going?/07. News/08. Lions/09. Sultans Of Swing/10. Eastbound Train/11. Southbound Again/12. Solid Rock [Live At Uptown Theater, Chicago, IL USA October 7th 1979 : soundboard recording] DISC 2 : 01. Intro/02. Down To The Waterline/03. Six Blade Knife/04. Lady Writer/05. Once Upon The Time In The West/06. News/07. Bernadette/08. What's The Matter With You Baby?/09. In My Car/10. Portobello Belle DISC 3 : 01. In The Gallery/02. Lions/03. Sultans Of Swing/04. Setting Me Up/05. Southbound Again/06. Where Do You Think You're Going?/07. Eastbound Train/08. Twisting By The Pool [Live At Orpheum Theater, Boston, MA USA September 8th 1979 : audience recording] Mark Knopfler (Guitar, Vocal) / David Knopfler (Guitar, Vocal) / John Illsley (Bass, Vocal) / Pick Withers (Drums)
  1. 2018/08/13(月) 01:47:59|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Black Sabbath ブラック・サバス/Canada 1971 Upgrade


Black Sabbath ブラック・サバス/Canada 1971 Upgrade
黄金期中の黄金期、“MASTER OF REALITY TOUR”を代表する伝統の名録音がニューマスターでアップグレード。その名録音とは「1971年7月18日トロント公演」。カナダの音楽祭“BEGGARS' BANQUET DANCE FESTIVAL”に出演した際の極上オーディエンス・アルバムです。 【3rd時代の頂点ライヴアルバム】 このショウは古くから録音が知られ、『WICKED SABBATH』や『MASTERR OF TORONTO』といった既発群が世界中のマニアから70年代サバスの大名盤として愛されてきました。この録音で何よりも重要なのは、“MASTER OF REALITY TOUR”の頂点記録だということ。その理由を実感していただくため、ここで70年代の各ツアー代表サウンドボードを整理してみましょう。 ・1stツアー:『DEFINITIVE MONTREUX 1970』・2ndツアー:『ULTIMATE OZZY OSBOURNE YERAS』(かつてパリ70として知られていたブリュッセルのプロ映像)・3rdツアー:一切なし! ←★★ココ★★・4thツアー:『LIVE AT LAST』・5thツアー:『1974(カリフォルニア・ジャムのSBD)』 ・6thツアー:『LIVE LONGEST... DIE AT LAST』・7thツアー:『DEFINITIVE PITTSBURGH』・8thツアー:公式映像『NEVER SAY DIE』 と、このようになっています。公式/非公式を交えて錚々たる名作がズラリと並んでいるわけですが、この中で唯一、一切のサウンドボード/プロショットが存在しないのが“MASTER OF REALITY TOUR”。このトロント公演は、そんなサウンドボード代わりとしてツアー頂点に君臨し続けてきた名録音なのです。 【新発掘マスターで甦った伝説録音】 本作はそんな伝統作と同じ録音ではありますが、既発のコピーやリマスター復刻ではなく、近年になって発掘された新マスター。既発は4thジェネと言われてきましたが、今回の新発掘マスターはグッと若い2ndジェネ・カセットなのです。曲間で一時停止するタイプの録音で、その際も既発ではフェイド処理されていたものの、本作ではブツッと聞こえる停止音も超リアルです。しかし、そんなテープのリアリティは新マスターの証拠に過ぎない。本当に素晴らしいのは、そのアップグレード・サウンド。従来からツアーを代表してきただけに演奏音の芯が逞しく届くヴィンテージ・サウンドボードのようなタイプだったのですが、本作は録音の旨みはそのままに曇りがサッと晴れ渡る。特に中高音の抜けが素晴らしく、歪むギターやヴォーカルの息づかいなど、ディテールが鮮やかに浮かび上がるのです。さらに若ジェネの旨みを実感するのは安定感。既発群も4thジェネにしては驚異的だったのですが、やはりダビングを重ねた事による回転ムラは避けがたかった。パワーコードが轟いても、ヴォーカルが伸ばしても、そこには微妙な揺れがあり、ピッチもランダムに変化していたのです。従来のリマスター盤は、そうした揺れをどこまで補正できるかが勝負の分かれ目となってきたわけですが、本作はその次元ではない。もちろん、完全な大元マスターではないものの、ビシッと安定したピッチはデジタル補正の必要すらなく、テープ回転による周期ノイズもほとんど見られない。無加工なカセットそのものの鳴りを心ゆくまで楽しめるのです。 【サバス史上No.1の特濃ライヴ】 そして、最高峰を更新した伝説サウンドで描かれるショウこそが圧倒的。本作のトロント公演は『MASTER OF REALITY』発売の3日目にあたり、1曲1曲に超名盤を創り上げたバンド・ポテンシャルがギュウ詰め。素晴らしき70年代でも、極めつけのヘヴィネスとキレがたっぷりと味わえるのです。さらにセットも特濃。3rdアルバム発売直前なだけに、初期3部作『BLACK SABBATH』『PARANOID』『MASTER OF REALITY』を1つのショウに濃縮還元。その反面、下記のリストを見るとお馴染みの曲ばかりでレア曲がないようですが、実はここまで揃っていることが超レアなのです。1970年から1974年までのサバスは、ツアー中にも新曲を書き、少しずつ入れ替えていくバンド。そのため、“MASTER OF REALITY TOUR”でも後期になるほど『VOL.4』ナンバーが増えていくわけですが、問題なのは代わって落ちてしまう初期曲。よりにもよって代名詞曲「Black Sabbath」が落ちてしまうのです(ちなみに、この曲がレギュラー復活するのは1975年のSABOTAGE時代)。ところが本作では3rdの「Sweet Leaf」「Children Of The Grave」と共に「Black Sabbath」も演奏しており、他にも「N.I.B.」「War Pigs」「Iron Man」「Paranoid」「Fairies Wear Boots」といった必須曲がズラリ。ここまで最重要曲が漏れなく全部揃った録音は極めて希で、本作より前では『MASTER OF REALITY』ナンバーがなく、本作より後では「Black Sabbath」がない。10周年だった“NEVER SAY DIE TOUR”も集大成的ではあったものの、初期3部作だけの濃縮セットは、本作のトロント公演1本だけなのです。新発掘マスターで甦った70年代屈指の名録音、“MASTER OF REALITY TOUR”の頂点となるライヴアルバムです。その事実以上に初期3部作を1つのショウに濃縮したセット、黄金期の中でも頂点的なバンド・ポテンシャルがギュウ詰めされ、音楽自体が素晴らしすぎる1枚。BLACK SABBATHオーディエンスでも最重要となる唯一無二の大名盤。 Beggars' Banquet Dance Festival, Borough Of York Stadium, Toronto, Ontario, Canada 18th July 1971 *UPGRADE (63:00) 1. N.I.B. 2. War Pigs 3. Sweet Leaf 4. Black Sabbath 5. Iron Man 6. Embryo/Children Of The Grave 7. Wicked World 8. Guitar Solo(incl. Orchid) 9. Wicked World(Reprise) 10. Paranoid 11. Fairies Wear Boots Ozzy Osbourne - Vocals Tony Iommi - Guitar Geezer Butler - Bass Bill Ward – Drums
  1. 2018/08/13(月) 01:46:44|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Ozzy Osbourne オジー・オズボーン/MO,USA 1986 Complete


Ozzy Osbourne オジー・オズボーン/MO,USA 1986 Complete
もっとも華麗で華々しかったジェイク・E・リー時代。その究極サウンドボード・アルバムが誕生しました。 【超有名サウンドボードを究めた完全版】 本作はまさしく究極のライヴアルバム。その正体は「1986年4月1日カンサス・シティ公演」の超極上ステレオ・サウンドボード。その完全盤なのです。このショウはジェイク時代でもっとも有名。名物番組“KING BISCUIT FLOWER HOUR”でラジオ放送された他、オフィシャルの映像作品『THE ULTIMATE OZZY』ともなったコンサートです。しかし、FBFH放送は約50分の抜粋でしたし、オフィシャル映像は「Shot In The Dark」「Lightning Strikes」「The Ultimate Sin」のPVを混ぜ込んだ中途半端なもの。その後、KBFHの長尺版も発掘版も発掘されたものの、それでも「Secret Loser」やドラムソロがない。ジェイク時代でもNo.1となるクオリティと演奏を誇りつつ、何とも惜しいところで究極形が存在しなかったのです。そんな長年の乾きを癒すために誕生したのが本作です。数々のフォーマットの中でもっとも長く、最高峰クオリティであるKBFHのプレ放送マスターをベースにしつつ、そこに欠けていた「Secret Loser」とドラムソロを『THE ULTIMATE OZZY』の公式ステレオ・サウンドボードで補完。遂にフルショウ完全形を味わえる究極の超極上サウンドボード・アルバムが誕生したのです。実際、本作のクオリティは究極。公式サウンドボードが土台ではなく補完に使われている事からもお察しいただけると思いますが、大部分を占めるプレFMマスターは完全無欠のオフィシャル級。放送前とは言ってもアナログの放送原盤起こしではなく、近年になって登場したデジタル・マスター。放送原盤のDJも入っておらず、逆にムードたっぷりな現場の開演アナウンスは最長で収録。もちろん、デジタル・マスターですから劣化もゼロです。さらに本作では公式サウンドボードとのマッチングのために最新マスタリングも実施。微妙なサウンド・ニュアンスまでオフィシャルと揃えました。 【『罪と罰』SBDをコンプリートできるボーナス】 そんなカンザス・シティの完全版だけでも究極ですが、本作では更に高みを目指した。ボーナスとして、もう1つの大定番サウンドボード「1986年8月16日ドニントン公演」の超極上サウンドボードも追加収録したのです。実のところ、『罪と罰』時代のサウンドボードと言えば、本編カンザス・シティ公演とドニントン公演の2つだけ。その史上最高峰バージョンを一気にコンプリートできる1本なのです。このサウンドボードもまた、大定番中の大定番。数々の既発が存在しておりますが、本作はその最高峰。3枚組『MONSTERS OF ROCK 1986』にも使用された未使用の放送原盤なのですが、本作はさらに最新リマスターを施しました。原音ではかなりワイルドなサウンドだったのですが、本作では本編カンサス・シティSBDに近い端正なサウンドに調整。一層聴きやすくなっているだけでなく、完全オフィシャル基準な本編と通して聴いても統一感のある仕上がりになっています。 【究極クオリティに相応しい究極のショウ】 そんなクオリティで描かれるのは、オジーのキャリアでも独特の輝きを放ったジェイク時代の頂点。良い機会ですので、“THE ULTIMATE SIN TOUR 1986-1987”の全体像からポジションを確認しておきましょう。 ●1986年・2月6日-3月4日:英国(20公演)《2月22日『罪と罰』発売》・3月27日-5月20日:北米#1(37公演)←★ココ★・5月24日-6月2日:日本(7公演)・6月10日-17日:北米#2a(6公演)・7月2日-8月3日:北米#2b(24公演)・8月16日-31日:欧州(MOR4公演)←★ボーナス★・9月5日-10月12日:北米#3(25公演) ●1987年・2月23日:ハリウッド(ジェイク最終公演) これがジェイク時代最後のワールドツアー概要。メインのカンザス・シティ公演は『罪と罰』発売直後に行われた「北米#1」3公演目にあたります。かなり初期ではありますが、その前に「英国」ツアーが行われているのがポイント。しっかりとアンサンブルがこなれつつ、ワンブレイク入れて疲れもない。しかも、『罪と罰』はオジーにとって『PARANOID』以来となる全米トップ10入り。右肩上がりだったソロ活動も頂点を迎えようという全米制覇への意欲に燃えているのです。そして、ツアー初期だからこそオジーも絶好調。ドニントン公演では荒さも感じますが、カンサス・シティは危なげなく声も綺麗に伸びる。素晴らしい歌声でフルショウを駆け抜けるのです。もちろん、もう1人の主役ジェイクも絶好調。加入直後から“BARK AT THE MOON TOUR”まではランディ・ローズ曲の大胆な解釈が聴きどころでしたが、本作では堂々とオリジナルが主役。“BARK AT THE MOON TOUR”では中盤で演奏されていた「Bark At The Moon」も本来あるべきポール・ポジションを務め、『罪と罰』からも大量投入。オフィシャルではPVだった「Shot In The Dark」「The Ultimate Sin」も本生ライヴですし、オリジネイターならではの「Killer Of Giants」、このツアーだけの「Never Know Why」「Thank God For The Bomb」「Secret Loser」とたっぷり。単なるギタリストから完全に音楽監督となったジェイクの技はキレにキレ、MOTLEY CRUEにも愛された故ランディ・カスティロのグルーヴも芳醇。オジーのキャリアでも最も華麗でシャープだった“THE ULTIMATE SIN TOUR”の究極形が完全オフィシャル・クオリティで味わえるのです。同郷の知己アイオミ、運命の盟友ランディ、長年の同志ザック……オジーの相棒と言えばこの3人が挙がります。しかし、その3人とまったく違いながら、誰よりも眩しく輝いていたのはジェイク・E・リーでした。他のどの時代とも違う“ジェイク時代”、オジーが世界を席巻した80年代。その頂点となるアルティメイトなライヴアルバム。 Live at Kemper Arena, Kansas City, Missouri, USA 1st April 1986 STEREO SBD Disc 1 (60:14) 1. Opening 2. Carl Orff "Carmina Burana" 3. Bark At The Moon 4. Suicide Solution 5. Never Know Why 6. Mr. Crowley 7. Shot In The Dark 8. I Don't Know 9. Killer Of Giants 10. Guitar Solo 11. Thank God For The Bomb 12. Flying High Again 13. Secret Loser 14. Drums Solo 15. Secret Loser(reprise)  Disc 2 (64:38) 1. The Ultimate Sin 2. Iron Man 3. Crazy Train 4. Paranoid Bonus Track : Donington Park, England 16th August 1986 5. Never Know Why 6. Mr. Crowley 7. Shot In The Dark 8. I Don't Know 9. Killer Of Giants 10. Thank God For The Bomb 11. Iron Man 12. Crazy Train 13. Paranoid STEREO SOUNDBOARD RECORDING Ozzy Osbourne - Vocals Jake E. Lee - Guitar Phil Soussan – Bass Randy Castillo - Drums John Sinclair – keyboards
  1. 2018/08/13(月) 01:44:28|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Ian Paice イアン・ペイス/UK 2006


Ian Paice イアン・ペイス/UK 2006
2006年1月13日、イギリスのレディングで行われたチャリティー・ライブに、イアン・ペイス&フレンズとして出演時の模様を、関係者流出のステレオ・サウンドボード音源にて収録。当時ペイスはパープルの活動がオフとなる期間には、ヨーロッパのパープルのカヴァー・バンドに客演するなど、積極的なライブ活動を見せており、このチャリティでは元ホワイトスネイクのメンバーを招いて参加となったもので、ギター兼ヴォーカルとしてバーニー・マースデン、ベースにはニール・マーレイ、さらにキーボードはドン・エイリーと、この豪華ラインナップにてスペシャル・ライブを披露。そしてメンバー構成からも期待されるとおり、ここでは初期ホワイトスネイクのナンバーが多数セットリストへ盛り込まれており、特にバーニーに至ってはほとんど主役のような大活躍。また最高のラインナップを得てペイスのドラミングも絶好調で、B.B.キングやフレディ・キングのナンバーなどはパープルとはまた違ったアプローチによる、R&Bスタイルでプレイ。そしてカヴァーもはさみ、後半は再びハードロック・ナンバーへと戻り、バーニーのAORテイストによる「Fool For Your Loving」、"US Remix"バージョンで演奏される「Here I Go Again」、さらにバーニーが歌う「Smoke On The Water」で楽しいショーはエンド。 1. Introduction 2. Don't Break My Heart Again 3. Walking In The Shadow Of The Blues 4. When It All Comes Down (I'll Still Be Around) 5. Same Old Blues * 6. Going Down * 7. You Can't Do That 8. Hound Dog 9. Fool For Your Loving 10. Here I Go Again 11. Smoke On The Water [Live at Rivermead Centre, Reading, UK 13th January 2006 : Stereo Soundboard Recording] Ian Paice – Drums / Bernie Marsden – Guitar / Neil Murray – Bass / Nick Fyffe - Bass (*) / Don Airey - Keyboards
  1. 2018/08/13(月) 01:42:57|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

monotone本店

Author:monotone本店
コレクターズDVD・CD専門店
~気ままに、不定期に更新~

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2331)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR