FC2ブログ

monotoneブログ

Geoff & Maria Muldaur ジェフ・マリア・マルダー/CA,USA 1975


Geoff & Maria Muldaur ジェフ・マリア・マルダー/CA,USA 1975
ジェフ&マリア・マルダーの1975年11月のサンフランシスコのグレイト・アメリカン・ミュージック・ホールでのカップリング・ライブの模様を高音質ステレオ・サウンドボード音源で2枚組に収録。'72年にデュオ解消後のソロ活動でのライブとなり、マリア・マルダー名盤のセカンド・アルバム「ドーナッツ・ショップのウェイトレス」リリース後の大変に貴重な内容となっています。セカンドから「Brickyard Blues 」「Sweetheart 」「Travelin' Shoes 」の3曲、ファースト「オールド・タイム・レイディ」から自身最大のヒット曲「Midnight At The Oasis 」や「My Tennessee Mountain Home 」など、素晴らしいセットリストによるパフォーマンスとなっています。ジェフ・マルダーによるライブを含むマリア・マルダーの'70年代のソロ時代のライブを高音質ステレオ・サウンドボードで存分にお楽しみ頂けます。 Live at Great American Music Hall, San Francisco, CA, USA, November 1975 DISC 1 Geoff Muldaur Set 1. Poor Boy 2. Sloppy Drunk 3. Small Town Talk 4. The Lights Of Spring / Why Should I Love You? 5. Higher & Higher 6. Please Send Me Someone To Love 7. Boogie Chillen' II (Texas Shuffle) Geoff Muldaur - vocals, acoustic guitar, piano Stephen Bruton - electric guitar Billy Rich - bass Billy Mundi - drums Jim Gordon - tenor saxophone Charlie Kaegel - alto saxophone Leslie Drayton - trumpet Maurice Spears - trombone Howard Johnson - baritone saxophone DISC 2 Maria Muldaur Set 1. Brickyard Blues 2. Sweet Harmony 3. Midnight At The Oasis 4. Gee Baby, Ain't I Good To You 5. Walkin' One & Only 6. My Tennessee Mountain Home 7. We Just Couldn't Say Goodbye 8. Sweetheart 9. Searchin' 10. As An Eagle Stirreth In Her Nest 11. Travelin' Shoes Maria Muldaur - vocals, fiddle Amos Garrett - electric guitar, backing vocal John Girton - acoustic guitar Ellen Kearney - backing vocal, acoustic guitar Mike Finnigan - backing vocal, organ, piano Michael Moore - bass Earl Palmer - drums
スポンサーサイト
  1. 2019/04/30(火) 22:09:20|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Glenn Hughes,Joe Lynn Turner グレン・ヒューズ ジョー・リン・ターナー/Osaka,Japan 2002


Glenn Hughes,Joe Lynn Turner グレン・ヒューズ ジョー・リン・ターナー/Osaka,Japan 2002
元DEEP PURPLE2人によるデュエットHRプロジェクト、HUGHES TURNER PROJECT(以後、HTP)。その極上フル・ライヴアルバムが登場です。そんな本作に収められているのは「2002年5月13日:大阪BIGCAT」公演。その大傑作オーディエンス録音です。HTPのライヴアルバムと言えば、オフィシャル作品『LIVE IN TOKYO』が思い浮かぶわけですが、あのライヴアルバムと同じツアーの別公演です。まずは、そのショウのポジションを当時の日程で確認してみましょう。 ・5月11日:福岡Drum LOGOS・5月12日:広島CLUB QUATTRO・5月13日:大阪BIGCAT ←★ココ★・5月15日:名古屋BOTTOM LINE・5月16日:長野CLUB JUNK BOX・5月17日:渋谷CLUB QUATTRO・5月18日:渋谷CLUB QUATTRO 以上、全7公演。そもそも2000年に行われたジョー・リン・ターナーのソロ来日にグレン・ヒューズが同行した事がHTP結成の端緒となったわけですが、その時はわずか4公演。話題の新プロジェクトにグッと公演数も増えての再来日だったわけです。そんなショウを記録した本作は、まさに絶品のオーディエンス録音。90年代末から2000年代初頭の大阪で活躍した名手のコレクションで、RAINBOWの超傑作タイトル『OSAKA 1995 1ST NIGHT』を筆頭に、その傑作群は枚挙に暇がありません。しかし、本作をご紹介する上で避けて通れないのがJOE LYNN TURNER with GLENN HUGHESの名作『OSAKA 2000』でしょう。そう、本作はあの大傑作と同録音家による姉妹作であり、文字どおりの続編なのです。実際、本作のサウンドは『OSAKA 2000』にも酷似。とにかく狭いクラブ規模の密室感が圧倒的で、その空気感もクリスタル・クリア。そのド真ん中を貫いてくる芯も極太ならディテールも超鮮明。相変わらずギターの線が細いのはプレイヤーの個性なので仕方ないところですが、それを忘れさせてくれるのが素晴らしすぎるヴォーカル。ソウルフルな歌声が絡みながらも綺麗に分離しており、どんなに声が被っても機微までクッキリ。単に鮮やかなだけでなく、伸びに伸びる歌声の消えゆく刹那まで美しく、絶叫レベルのシャウトでも微塵もビビらない安定感も見事。2000年よりも現場ミックスのバランスも良く、まさに対等のコンビネーション。歌い上げで醸し出される高揚感がハンパじゃなく、オフィシャル盤『LIVE IN TOKYO』よりも美しく感じられるほどです。そして、何よりフルショウ完全収録が嬉しい。オフィシャル盤はCD1枚に押し込むためかカットされていましたが、本作は一気貫通のフル録音。公式盤では聴けない「Challenge Them All」やアンコールの「Burn」「Highway Star」もたっぷり楽しめるのです。DEEP PURPLEの名曲に注目が集まりそうですが、実は「Challenge Them All」ももの凄く美味しい。ビールのCMソングだけに日本でしか歌っていないと思いますが、ここで聴かせるグレンのコーラスワークが絶品。もちろん、メインはジョーでデュエットとまではいきませんが、あの存在感の強い声と絡むとメロディの高揚感が数倍増。元DEEP PURPLEという経歴だけでなく、音楽的にも2人の相性がバツグンだったと分かる素晴らしいテイクです。DEEP PURPLEが生み出した“デュエットHR”スタイルを進化、アップデートさせていたHTP。第3期・第4期PURPLEと同じくアルバム3枚で終わってしまいました(3枚目の『MADE IN MOSCOW』も当店で取り扱っております)が、ライヴアルバムはさらに貴重。そのフルショウを極上サウンドで堪能できる大傑作。 Live at BIGCAT, Osaka, Japan 13th May 2002 TRULY PERFECT SOUND(from Original Masters) Disc 1(55:12) 1. Intro 2. Devil's Road 3. Can't Stop Rock 'n Roll 4. Death Alley Driver 5. I Surrender 6. Stormbringer 7. Challenge Them All 8. Dark Days 9. Mistreated 10. No Stranger To Love Disc 2(52:46) 1. Can't Stop the Flood 2. Better Man 3. Ride the Storm 4. King of Dreams 5. Street of Dreams 6. Spotlight Kid 7. Burn 8. Highway Star
  1. 2019/04/30(火) 22:06:12|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Jackson Browne ジャクソン・ブラウン/Tokyo,Japan 1977


Jackson Browne ジャクソン・ブラウン/Tokyo,Japan 1977
1977年ジャクソン・ブラウンの記念すべき初来日公演を記録した今となっては貴重なライブ音源が登場!3月18日東京中野サンプラザでの公演を高音質オーディエンス録音マスターから収録。当時ローリング・ココナッツ・レビューへの出演も注目されたジャクソン・ブラウンですが、これまで数多くのジャパン・ツアーの中で最も古い記録となる初来日公演として見逃せないコレクターズ・ライブ音源です!! DISC ONE 01. Take It Easy 02. The Fuse 03. Rock Me On The Water 04. Fountain On Sorrow 05. For Everyman 06. Late For The Sky 07. The Only Child 08. For A Dancer 09. Walking Slow DISC TWO 01. The Road And The Sky 02. Band Introduction / Dialogue 03. Before The Deluge 04. The Pretender 05. Doctor My Eyes 06. These Days 07. Redneck Friend 08. Do You Wanna Dance? 09. Sweet Little Sixteen Live At Nakano Sun Plaza, Tokyo, Japan March 18th 1977
  1. 2019/04/30(火) 22:04:42|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

James Taylor ジェームス・テイラー/Original Mono Album & Sessions


James Taylor ジェームス・テイラー/Original Mono Album & Sessions
68年ビートルズ自身のアップル・レコードから期待の新星としてデビューしたジェームス・テイラーのファースト・アルバムが50周年コレクターズ・エディションとして登場!オリジナル・アルバム全曲モノ音源の初CD化に加え、66年フライング・マシーン時代の貴重なセッションから68年デモ、シングル・バージョンまで初期ジェームス・テイラーのレア・コンピレーションとしてコレクター注目の大推薦タイトルです!! *ORIGINAL MONO ALBUM 01. DON'T TALK NOW 02. SOMETHING'S WRONG 03. KNOCKING 'ROUND THE ZOO 04. SUNSHINE SUNSHINE 05. TALKING IT IN 06. SOMETHING IN THE WAY SHE MOVES 07. CAROLINA IN MY MIND 08. BRIGHTEN YOUR NIGHT WITH MY DAY 09. NIGHT OWL 10. RAINY DAY MAN 11. CIRCLE AROUND THE SUN 12. THE BLUES IS JUST A BAD DAY First Original Mono Album from Apple december 6th 1968 Recorded at Trident Studios, London. George Harrison (backing vocals) and Paul McCartney (bass) on "Carolina in My Mind" (uncredited) extra tracks *THE FLYING MACHINE SESSIONS 13. NIGHT OWL 14. BRIGHTEN YOUR NIGHT WITH MY DAY 15. KOOTCH'S SONG16. RAINY DAY MAN 17. KNOCKING 'ROUND THE ZOO (Intro) 18. KNOCKING 'ROUND THE ZOO 19. SOMETHING'S WRONG (Instrumental) plus 20. SUNNY SKIES (Demo) 21. LET ME RIDE (Demo) 22. SUNSHINE SUNSHINE (Demo) 23. CAROLINA IN MY MIND (Demo) 24. SOMETHING'S WRONG (Single Edit Version) 25. CAROLINA IN MY MIND (Single Edit Version) 26. RADIO SPOT
  1. 2019/04/30(火) 22:03:13|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Steely Dan,Steve Winwood スティーリー・ダン/London,UK 2019


Steely Dan,Steve Winwood スティーリー・ダン/London,UK 2019
2019年スティーリー・ダンの最新英国ツアーより、2月25日ロンドン・ウェンブレー・アリーナ公演が高音質デジタル・オーディエンス録音マスターからの完全収録で初登場!スペシャル・ゲストとしてスティーブ・ウィンウッドが「プリッツェル・ロジック」、さらにエリオット・ランドールが「リーリン・イン・ジ・イヤーズ」で登場する英国ツアーならではの最新セットリストで新旧代表ナンバーが網羅された最高のベスト選曲といえる大推薦の最新ライブです!! DISC ONE 01. Intro 02. Cubano Chant 03. Bodhisattva 04. Hey Nineteen 05. Black Friday 06. Pretzel Logic (with Steve Winwood) 07. Aja 08. Green Earrings 09. Black Cow 10. Time Out Of Mind DISC TWO 01. Kid Charlemagne 02. Dirty Work 03. Peg 04. Babylon Sisters 05. Keep That Same Old Feeling (with Band Introductions) 06. Josie 07. My Old School 08. Reelin' In The Years (with Elliott Randall) 09. A Man Ain't Supposed To Cry 10. Outro Live At Wembley Arena, London, U.K. February 25th 2019
  1. 2019/04/30(火) 22:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

George Porter Jr. ジョージ・ポーター・Jr./LA,USA 2008


George Porter Jr. ジョージ・ポーター・Jr./LA,USA 2008
ミーターズのファンキーベーシストとして知られる、ジョージ・ポーターJr.が率いるトリオによる2008年10月1日地元ニュー・オーリンズでのライヴを、放送用マスター音源にデジタル・リマスタリングを施したオフィシャル・クオリティー、サウンドボードにてコンプリート収録。オルガンには旧友イヴァン・ネヴィル、さらにゲストでギャラクティクの名ドラマー、スタントン・ムーアとツワモノが揃う中、ほとんどの曲が、ジャムや各パート・ソロを挟んで、メドレー形式で進行。まさにジャム・バンド・スタイルでゴキゲンなプレイを展開するファン必聴アイテム。 Disc 1 / 1. Opening Jam -- Doodle-Oop / 2. Will It Go Round In Circles -- Mojo Hannah / 3. Miss Lulu's Wig -- Bony Maronie -- Cardova / 4. Sneaking Sally Through The Alley / 5. Jam Including Gettin' Funkier All The Time / Fire On The Bayou Disc 2 / 1. Intro To Stanton Moore -- Welcome To New Orleans / 2. People Say -- A Message From The Meters / 3. He Bite Me / 4. Que Sera Sera -- Unknown -- Jam / 6. Ivan Talks About James Booker And Nick Daniels / 7. Out In The Country [Live at MAPLE LEAF BAR, NEW ORLEANS, LA, October 01, 2008] ◇George Porter Jr. (b) / Russell Batiste (ds) / Ivan Neville (org) / Stanton Moore (ds)
  1. 2019/04/30(火) 21:58:18|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Freddie King フレディ・キング/Germany 1975


Freddie King フレディ・キング/Germany 1975
クラプトンらをも魅了したブルース・フレーズを撒き散らし、ファンキーなバンドをぐいぐい引っ張ってグルーヴするブルース王フレディ・キングの激レア発掘音源がここに。1975年10月19日、ハンブルグ公演の模様を、放送用マスター・ソースからのサウンドボード音源にデジタル・リマスタリングを施したオフィシャル・クオリティーにてここに。B.Bより激しく、アルバートよりテクニカル、そしてフェンダー・ローズが漂う中に、突き刺さるフレディの335。アトランティックのソウル・ファンク・フィーリングを吸収し到達した、まさにファンキー・ブルースの絶頂期のライヴで、特にクラプトンでもおなじみ”Have You Ever Loved A Woman”は、これぞホンモノ。またFMブロードキャスト・マスターの曲間欠落や、左右チャンネルのバランスの乱れもほぼ完璧に仕上げなおし、音質もカンペキなトータル57分。 01. Intro / 02. Big Legged Woman / 03. The Moon Is Rising / 04. Woman Across The River / 05. Have You Ever Loved A Woman - Rock Me Baby / 06. Something You Got / 07. Ain't Nobody's Business / 08. Going Down [Live at Onkel Po's Carnegie Hall, Hamburg, Germany, October 9th 1975 : soundboard recording]
  1. 2019/04/30(火) 21:57:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

UFO,Michael Schenker マイケル・シェンカー/Switzerland 1975


UFO,Michael Schenker マイケル・シェンカー/Switzerland 1975
マイケル・シェンカー在籍時で「FORCE IT」発表後のヨーロッパ・ツアーより、6月4日のスイス、チューリッヒ公演が初登場!チューリッヒと言えばこれまで前年1974年の公演がリリースされておりましたが、こちらは翌年のライヴをやや歪気味ながら十分良好なオーディエンス録音で、一部カットがあるもののほぼ完全収録しております。この時期となればステージ全編が聴き所ですが、ここでは特にマイケル加入以前のラスト4曲が圧巻で終始耳を離せないファン必聴アイテムです! Live at Volkshaus, Zurich, Switzerland on 4th June, 1975 audience 1. LET IT ROLL/2. DOCTOR DOCTOR/3. OH MY/4. BUILT FOR COMFORT/5. GIVE HER THE GUN/6. SPACE CHILD/7. THIS KIDS/8. SHOOT SHOOT/9. ROCK BOTTOM/10. PRINCE KAJUKU/11. BOOGIE FOR GEORGE/12. C'MON EVERYBODY/13. BACK TO THE U.S.A.
  1. 2019/04/30(火) 21:54:36|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

Ornette Coleman Quartet オーネット・コールマン/CA,USA 2005 & more


Ornette Coleman Quartet オーネット・コールマン/CA,USA 2005 & more
05年11月5日にサンフランシスコで行われた「SAN FRANCISCO JAZZ FESTIVAL」でのライヴと、03年9月26日のシカゴ公演を、共にオーディエンス録音で収録!!
  1. 2019/04/30(火) 21:53:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

John McLaughlin,Jonas Helborg ジョン・マクラフリン ジョナス・ヘルボーグ/Germany 1986


John McLaughlin,Jonas Helborg ジョン・マクラフリン ジョナス・ヘルボーグ/Germany 1986
1984年に『Mahavishnu』をリリースし、再編を果たしたマハビシュヌの再編後2枚目のアルバムとなる『Adventures In Radioland』リリース後の1986年ユーロ・ツアー中、当時バンド・メンバーであり盟友、ジョナス・ヘルボーグと2人で行ったライブの模様を、FMオンエアー・マスターからの、オフィシャル・クオリティー、ステレオ・サウンドボード音源にて収録。7月22日ドイツで行なわれたこのギグは、ジャコ・パス亡き後のスーパー・ベース・プレイヤー、ジョナス・ヘルボーグと、マハヴィシュヌ・オーケストラとしても活動を共にしていた時期、コンビでののステージを収めたもので、バンド・スタイルとはまた違った、2人の天才により作り出されるサウンドは、まさに驚異。そしてあらゆるジャンルを超越したマクラフリンのギターに、ヘルボーグのダイナミックかつ繊細なベースが絡み合う感動のサウンドが展開されており、ジャズ・スタンダートからラストはベックでおなじみ”Goodbye Porkpie Hat”でエンド。 01. Unknown / 02. Electric dreams / 03. Trilogy / 04. Unknown / 05. Guardian Angel - You Know, You Know - My Foolish Heart - One Melody / 06. Blues for LW / 07. Goodbye Porkpie Hat [Live at Schlosshof, Tuebingen, Germany, June 22nd 1986 :SBD]
  1. 2019/04/30(火) 21:52:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

monotone本店

Author:monotone本店
コレクターズDVD・CD専門店
~気ままに、不定期に更新~

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3121)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR