FC2ブログ

monotoneブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Steve Hackett スティーヴ・ハケット/Birmingham,UK 2018


Steve Hackett スティーヴ・ハケット/Birmingham,UK 2018
2018年4月来日公演後「GENESIS REVISITED, SOLO GEMS & GTR」ツアーは7月で一旦終了。そして10月からはなんと母国イギリスで41人編成オーケストラを帯同してUKツアーをスタートさせた中、その4公演目となる10月5日バーミンガムのシンフォニー・ホールでのコンサートを、1時間57分にわたりハイクオリティー・オーディエンス・レコーディングにてコンプリート収録。バンド・サウンドボードとオーケストラのバランスもカンペキで、クラシックの演奏会などで使用される由緒正しい会場だけに、クラシック・コンサートの雰囲気を見事に真空パックしたサウンドで、この貴重なイギリスだけでのライブを再現。そしてその巨大で美しいシンフォニックなライブのツアー名は、シンプルに「GENESIS REVISITED 2018」と銘打たれている通り、メインとなるのはジェネシスの代表曲。ちなみにソロ・ナンバーも5曲ほど披露されるも、それ以外はすべてジェネシス・ナンバーで、しかも『眩惑のブロードウェイ』以外の全アルバムからまんべんなくセレクト。 特にガブリエル時代は「Supper's Ready」を筆答に、「The Musical Box」「Firth of Fifth」「Dancing With the Moonlit Knight」といった大曲が選ばれ、ソロや4人編成時代からは5分台のナンバーが中心となっており、そのオーケストラとの見事なコントラストは感動もの。また最大の聞きどころとして、『VOYAGE OF THE ACOLYTE』からの「Shadow of the Hierophant」は、10分を超える壮大なロック・シンフォニーを描き出しており、その迫力と広大なオーケストラとのコラボはまさにハイライト。 さらに最後のハイライトとして、約40分をかけて演奏される「Supper's Ready」と「The Musical Box」2連発はあまりに圧倒的で、フル・オーケストラに包まれ、まさに幻想のジェネシス・ワールドが雄大に生まれ変わることに。なおこのような「ジェネシス meets オーケストラ」というスペシャルなライブは、おそらく日本で観ることは難しいであろうゆえ、ファン必聴の限定コレクターズ・エディション。 Disc 1 : 1. Dance On A Volcano 2. Out Of The Body 3. The Steppes 4. Firth Of Fifth 5. Dancing With The Moonlit Knight 6. Blood On The Rooftops 7. Shadow Of The Hierophant Disc 2 : 1. ...In That Quiet Earth 2. Afterglow 3. Serpentine Song 4. El Nino 5. Supper's Ready 6. The Musical Box [Live At Symphony Hall, Birmingham, UK 5th October 2018 with The Heart of England Philharmonic Orchestra]
スポンサーサイト
  1. 2018/11/19(月) 17:36:02|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<Rick Wakeman リック・ウェイクマン/UK 2018 | ホーム | Steve Hackett,Genesis Revisited スティーヴ・ハケット/London,UK 2018 & more>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

monotone本店

Author:monotone本店
コレクターズDVD・CD専門店
~気ままに、不定期に更新~

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2593)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。