FC2ブログ

monotoneブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Nick Mason ニック・メイスン/Stuttgart,Germany 2018


Nick Mason ニック・メイスン/Stuttgart,Germany 2018
新プロジェクトの体験からアーカイヴの次元に進化したNICK MASON'S SAUCERFUL OF SECRETS。そんなコンプリーター垂涎の的となる大傑作ライヴアルバムが登場です。本作に記録されているのは「2018年9月15日シュトゥットガルト公演」。初期PINK FLOYD復刻プロジェクトの歩みを大きく3つ「5月の英国#1」「9月の欧州大陸」「9月の英国#2」に分類しておりますが、本作はその欧州大陸編から飛び出したオーディエンス録音。『ZURICH 2018』も同時リリースとなりますが、それも含めてコレクションを日程で整理してみましょう。 ・5月20日-24日:英国#1(4公演)・9月2日:ストックホルム・9月3日『COPENHAGEN 2018』・9月4日:ロストック・9月6日『AMSTERDAM 2018』・9月8日:アントウェルペン・9月9日:ルクセンブルク・9月10日『PARIS OLYMPIA 2018』・9月11日『DUSSELDORF 2018』 ・9月13日『HAMBURG 2018』・9月15日:シュトゥットガルト ←★ココ★・9月16日『BERLIN 2018』・9月17日:ライプツィヒ・9月19日『VIENNA 2018』・9月20日『LIVE IN MILAN 2018』・9月21日『ZURICH 2018』・9月23日-29日:英国#2(6公演) これが現在までに行われたショウのすべて。ここでは母国イギリス公演は省略し、「9月の欧州大陸」だけ詳細に記載しました。本作のシュトゥットガルト公演はその10公演目。デュッセルドルフからライプツィヒにいたるドイツ5連続公演のド真ん中にあたるコンサートでした。そんなショウを記録した本作は、単なるコンプリーター向けを超えた極上録音。さすがに『PARIS OLYMPIA 2018』ほど衝撃的ではありませんが、それは世界最高のPINK FLOYD基準だからこそ。他のバンド/アーティストであれば、十二分にツアー・ベスト、プレス化されてもおかしくないクオリティなのです。何よりも素晴らしいのは、その端正な鳴りとバランス。オンで手応えたっぷりの芯が手元に飛びこみつつ、ディテールも繊細。高音から重低音まで綺麗に整っており、そのすべてが非常に瑞々しい。スネアの一発でさえ立ち上がりは鋭く、消音まで克明。殊更にびっくりするような重低音が飛び出すようなことはないものの、あらゆる音の均整が取れた優等生タイプ。「優等生」という言葉を無個性と捉える方のために言い換えるなら「欠点がない」。その完璧に整ったバランス自体が強烈な個性となる上品な美録音なのです。その端正な優等生ぶりは、演奏音だけでなく歓声にまで及んでいる。曲間では盛大な喝采が起きるのですが、間近な絶叫などなく、五月雨のように優しい拍手がビロードのように優雅に広がる。その空間感覚は、極めて上品。熱狂と呼ぶほど熱くなく、じっくりと聴き込むムードはまるで日本公演のよう。一発録りのオーディエンスのはずなのに、まるで精緻にミックスされたFM放送でも聴いているかのような気分になるバランス感なのです。そんな均整サウンドで描かれるせいか、ショウそのものまで気品に輝いて聞こえる。場数を踏んで鉄壁の域に達し始めたアンサンブルは実に素晴らしく、前日が休みなせいもあってか疲れも感じさせない。その一方で最終日のような思い切りの良さよりは、3日連続公演が始まったタイミングならではの確実さも漂う。初期FLOYDのサイケデリック感にはもっとワイルドであっても良いと思いますが、これも1公演ずつ異なるコンサートならではの表情なのです。喝采も含め、すべての音が美しく均整も素晴らしい名録音です。すでに多数のライヴアルバムをご紹介しており、頂点作『PARIS OLYMPIA 2018』も登場している。本作に目を留めるのはコンプリーターの方に限られるかも知れませんが、本作のクオリティは「コマの1つ」と呼ぶにはあまりにももったいない。欠点がまるで見つからない均整の美音。 Live at Beethovensaal, Liederhalle, Stuttgart, Germany 15th September 2018 TRULY PREFECT SOUND Disc 1 (52:22) 1. Soundscape 2. Interstellar Overdrive 3. Astronomy Domine 4. Nick Mason Introduction 5. Lucifer Sam 6. Fearless 7. Obscured By Clouds 8. When You're In 9. Arnold Layne 10. Vegetable Man 11. Nick Mason Introduction 12. If 13. Atom Heart Mother 14. If (reprise) Disc 2 (55:39) 1. The Nile Song 2. Guy Pratt Speaking 3. Green Is The Colour 4. Gary Kemp Introduction 5. Let There Be More Light 6. Nick Mason Introduction 7. Set The Controls For The Heart Of The Sun 8. See Emily Play 9. Bike 10. One Of These Days 11. A Saucerful Of Secrets 12. Point Me At The Sky
スポンサーサイト
  1. 2018/11/19(月) 21:16:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<Bill Brufors ビル・ブラッフォード/Germany 1987 | ホーム | Pink Floyd ピンク・フロイド/Austria 1977 Reel to Reel + SBD MIX & 8mm Film>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

monotone本店

Author:monotone本店
コレクターズDVD・CD専門店
~気ままに、不定期に更新~

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2593)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。