FC2ブログ

monotoneブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

David Bowie デヴィッド・ボウイ/NY,USA 1999 & more


David Bowie デヴィッド・ボウイ/NY,USA 1999 & more
ボウイのキャリアで秘境中の秘境とも言うべき『hours...』時代。その超極上サウンドボード・アルバムが登場です。『hours...』時代の何が秘境かと言えば、ショウの少なさ。テレビやラジオのメディア出演はそれなりにあったものの、コンサートは極少。オフィシャル作品『VH1 STORYTELLERS』となったテレビ出演を含めても、わずか9公演に過ぎなかったのです。本作に収録されているのはその1つ「1999年11月19日:ニューヨーク公演」をメインに、「11月30日ロンドン」のBBC放送をカップリングした超極上ステレオ・サウンドボード。それでは、それぞれ詳しくご紹介していきましょう。 【1999年11月19日:ニューヨーク公演】 メインとなるニューヨーク公演は、今は亡き“KIT KAT KLUB”でのしょうでしたが、これはある意味『VH1 STORYTELLERS』の姉妹公演とも言える。その意味をご説明するためにも、まずはボウイ史上最短だった“Hours Tour 1999”の全体像から振り返ってみましょう。 ・8月23日:ニューヨーク 『VH1 STORYTELLERS』《9月21日『hours...』発売》・10月9日-17日:欧州(4公演)・11月19日:ニューヨーク 【本作】・12月2日-7日:欧州(3公演) 以上、全9公演。『VH1 STORYTELLERS』をコンサートと数えるのは些か迷うものの、この時代の象徴でもありますので、あえて入れました。残る8公演にしてもツアーと言うよりは、単発公演の羅列。一応、世界的にツアーと呼ばれてはいるものの、内実はウォームアップ/プロモーションだけで本格的なツアーはなかったと言っても良いでしょう。そして、本作が『VH1 STORYTELLERS』の姉妹編なのは、何よりもその場所。8公演は、ほとんどがヨーロッパだったのですが、本作は唯一の北米大陸であり『VH1 STORYTELLERS』と同じニューヨークでのショウだったわけです。もう1つ姉妹を謳う理由は、正真正銘オフィシャル級クオリティ。そもそもこのショウは、ラジオ局SFX NETWORKの名物番組“HIGHLIGHTS”で放送され、エアチェックが数々の既発を生んできた大定番でもある。しかし、本作はそんな既発群とは異なり、激レアな放送原盤からダイレクトにCD化されている。しかも、その原盤はLPじゃない。1999年にもなると各局に配布される原盤もCDが基本となっていたのですが、本作のソースはそんな放送前CD。もちろん、巷の原盤は約20年も経過すると再生不能なものもあるわけですが、本作は当時のデータを完璧に保存していたミント盤から起こされているのです。そのクオリティは申し上げるまでもなく、完全無欠の公式サウンド。ロック界の超大物の最新放送だっただけに収録もミックスもマスタリングも鉄壁のオフィシャル仕様……と言いますか、実は実際に公式シングル『Seven』のB面曲に採用されており、完全な正式なオフィシャル収録。公式品『VH1 STORYTELLERS』にも負けていません。その究極サウンドを劣化ゼロ、欠けゼロの100%デジタル・クローンで伝えてくれるのです。“これ以上はあり得ない”サウンドで描かれるのは、『VH1 STORYTELLERS』と似て非なるショウ。局内スタジオではないムードもさることながら、曲目も異なる。当日のフルセットではないのですが、そこには歴代の名曲から『hours...』の新曲まで美味しい曲がずらり。当時目玉だった60年代のシングル曲「Can't Help Thinking About Me」はもちろんのこと、公式シングルにも収録された新曲「Something in the Air」「The Pretty Things Are Going to Hell」や「I'm Afraid of Americans」、さらにクラシックス「Stay」「Changes」など『VH1 STORYTELLERS』でも聴けない美味しいナンバーもたっぷり楽しめます。そんなセットを演じるメンバーも異なる。『VH1 STORYTELLERS』はリーヴス・ガブリエルスのラスト・ショウとしても知られていますが、本作でリード・ギターを務めるのは代わって加入したペイジ・ハミルトン。ボウイ・ファンにはあまり馴染みがありませんが、彼は90年代初頭にオルタナティヴ・メタルの旗手として一世を風靡したHELMETのリーダー。時代の象徴にまでは至りませんでしたが、KORNやNINE INCH NAILS、マリリン・マンソン等と鎬を削り、90年代サウンドを築いた才人。リーヴスの跡を継ぐに申し分ないギターワークが極上サウンドボードでたっぷり味わえるのです。 【1999年11月30日ロンドンのBBC番組】 オフィシャルと何ら変わらない究極サウンドボードだけでも究極ですが、本作はさらに超極上ステレオ・サウドボードをボーナス収録しています。それは「1999年11月30日ロンドン」で収録されたBBC放送。名物ホスト:ジュールズ・ホーランドによるテレビ番組“LATER... WITH JOOLS HOLLAND”に出演した際のスタジオ・ライヴです(放送日は“12月4日”)。そして、こちらのクオリティもやはりオフィシャル級。当時にしては珍しいデジタル放送であり、本編のニューヨーク公演にも負けていない。セットはその本編でも聴けた「Something in the Air」「Survive」の他、「Ashes to Ashes」「Cracked Actor」の合計4曲を演奏。テレビ収録というと特別な企画狙いで演奏がおざなりになることも多いのですが、この番組は本編の11日後で十分にこなれている。インタビューを挟む現場のムードこそ異なるものの、クオリティもパフォーマンスも本編の続きとして楽しめるのです。公演数が少ないながらもボウイ史の確かな1ページだった『hours...』時代。そのライヴを公式作品『VH1 STORYTELLERS』と共に象徴する超極上のステレオサウンドボード・アルバムです。時間と共に失われていく放送原盤サウンドを永久保存し、絶品のボーナス・トラックまでも味わえる1枚。ぜひ、『hours...』自身や『VH1 STORYTELLERS』と並べていつまでも愛して頂きたい究極の銘品です。 Live at Kit Kat Klub, New York, NY, USA 19th November 1999 STEREO SBD Recorded live by The SFX Radio Network (78:44) 1. Life on Mars? 2. Thursday's Child 3. Something in the Air 4. China Girl 5. Can't Help Thinking About Me 6. Always Crashing in the Same Car 7. Survive 8. Stay 9. Seven 10. Changes 11. The Pretty Things Are Going to Hell 12. I'm Afraid of Americans BBC Television Centre, White City, London, UK 30th November 1999 Broadcast: Later... with Jools Holland, BBC2 on 4th December 1999 13. Ashes to Ashes 14. Interview with Jools Holland 15. Something in the Air 16. Survive 17. Cracked Actor David Bowie - Vocals, Acoustic Guitar Gail Ann Dorsey - Bass Mark Plati - Rhythm, Acoustic Guitar Mike Garson - Keyboards Page Hamilton - Guitar Sterling Campbell - Drums, Percussion Emm Gryner - Backing Vocals Holly Palmer - Backing Vocals STEREO SOUNDBOARD RECORDING
スポンサーサイト
  1. 2018/11/20(火) 00:18:33|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<< David Bowie デヴィッド・ボウイ/NY,USA 1997 Upgrade & more | ホーム | Yes イエス/NY,USA 1974>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

monotone本店

Author:monotone本店
コレクターズDVD・CD専門店
~気ままに、不定期に更新~

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2593)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。