FC2ブログ

monotoneブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Yes イエス/UK 1977


Yes イエス/UK 1977
1977年、アルバム「究極」リリースに伴うUKツアーから、11月6&7日の連続2公演となった、グラスゴーのアポロ・シアターでのライブを、近年ネット等に流出したテーパー所有のオリジナル・オーディエンス・マスターよりカップリング収録。初日のアンコール・パートや2日目のオープニングなどが一部未収録ながら、当時としては良好なクオリティーによるもので、また今となっては貴重な記録音源といえるもの。そしてリック・ウェイクマンが復帰し、再び黄金期のラインアップに戻っての本ツアーは、北米とヨーロッパを約半年間かけて敢行され、その終盤にあたるゆえ、演奏のまとまり具合も素晴らしく、セットは黄金期ならではの"Firebird Suite"からスタート。そして3曲目には早くも後半のアレンジが興味深い"Close To The Edge"が登場し、その後は「究極」のナンバーもはさみながら進行し、特に終盤、この時期のみの"Awaken"の序章とも言える、リズムを強調した、"Flight Jam"は後のワールド・ミュージックを彷彿さるアレンジにて。 そしてハイライトソングと言えるドラマティックな本編ラストの"Awaken"はやはり素晴らしく、また初日のファイナル・アンコールのYours Is No Disgraceでは、後半でハウはすさまじいソロも披露。とにかくラストまで大曲の連続で、その中でもシンフォニックに盛り上がるドラマチック・パートは、当時のオーディエンス録音としては奇跡的といえるもので、「究極」ツアーの素晴らしさを知るにはマストと言えるファン必聴アイテム。 DISC 1 : 01. Firebird Suite/02. Parallels/03. I've Seen All Good People/04. Close To The Edge/05. Wonderous Stories/06. Colors Of The Rainbow / Turn Of The Century/07. Tour Song/08. And You And I/09. Going For The One DISC 2 : 01. Flight Jam/02. Awaken [Live At Apollo Theatre, Glasgow, UK November 6th 1977] 03. Intro/04. I've Seen All Good People/05. Close To The Edge/06. Wonderous Stories/07. Colors Of The Rainbow / Turn Of The Century/08. Tour Song/09. And You And I DISC 3 : 01. Going For The One/02. Flight Jam/03. Awaken/04. Yours Is No Disgrace [Live At Apollo Theatre, Glasgow, UK November 7th 1977] Jon Anderson – Vocals / Steve Howe – Guitars / Chris Squire – Bass / Rick Wakeman – Keyboards / Alan White – Drums
スポンサーサイト
  1. 2018/11/20(火) 23:38:47|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<Procol Harum プロコル・ハルム/London,UK 2018 | ホーム | Emmylou Harris エミルー・ハリス/MD,USA 1974 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

monotone本店

Author:monotone本店
コレクターズDVD・CD専門店
~気ままに、不定期に更新~

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2593)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。